印税長者

こんばんは高梨です。

夢の印税生活!本が爆嬉した芸能人なんかに使われる言葉ですが、今回はこんな案件がオファーされました。

印税長者 毎月120万円の印税収入

知識もネタも必要なく本が出版できるというまさかの神案件!だったらいいのですが。今回も個人的に参加するべきなのかどうかを評価していきたいと思います。

一人で悩まず相談を!

どんな副業をやろう…騙されてしまってつらい…。どんな小さな悩みでも構いません。一人で悩まずに相談してみませんか?

お気軽にご連絡ください。

違和感MAXのオファー文

「週1回、たった30分の作業だけ」

これ、すごく違和感のある文章じゃないですか?本を一度だせば継続して印税が入ってくる。という案件なのに週に1度は必ず作業をしなくてはいけない。という風に取れます。

新しい本を出版し続けるということなのでしょうか。そして出版した本はどれもヒットし、多額の印税収入を得ることが出来るようになるということでしょうか。なんとも現実感が足りないですね。

そもそも印税は何%もらえるんだろうか。それによってどれくらい売ればいいのかなどの指標になると思うのですが詳細の説明がないですね。

いつも通り

「簡単に稼げます」

というアピールしかなく、具体的な話が何一つとしてないですね。著作権の問題とか、税率の問題とか気になることはこれでもかと存在しています。

インターネット上で出版か

「あとはその本が読まれたり、買われるたびに印税が入る」

という文章がありましたが契約によって「買われなければ」印税は入りません。つまり、読まれるだけでも収入が入るということはインターネット上での出版である可能性が非常に大きいですね。

一時期流行った「電子出版」というやつでしょうね。Amazonなどでも誰でも出版することはでき、EPUBという形式のファイルに変換するだけで簡単に電子書籍自体は作ることができます

他人のネタをコピペでもして電子書籍にしようって魂胆でしょうか。まぁ売れないでしょうね。残念ですが現実味が足りないのといつも通り説明がまったく足りてないですね。

ノウハウを教えますので商材買ってくださいっていうには無理があるでしょう。ぶっちゃけ自分で調べれば電子書籍の出版はいつでもできます。

問題は売れるかどうか

まぁ肝はやっぱりここで、実際に売れるかどうかですね。電子書籍はどうしても単価が安くなりがちですからその分、数を裁かなければなりません。

コンテンツは運営側が用意しているということですが、まず無理ですね。応募した人数分× X冊のネタを用意しなくてはいけません。

被ってしまったらまず競合してしまって売れないですから。

印税長者に参加する価値が見出せない

非常に残念ではありますが、印税長者に参加する価値は見出せませんでした。

登録して動画を見続ければ少しずつ明らかになっていくんだと思いますが、再現性は極めて低いのは容易に予想されます。

本当に稼ぎたいなら

いつも当サイト「副業レスキュー」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。知りたいことは知れましたでしょうか?

スマホが復旧した今の情報社会を利用して、悪質な副業案件がそこら中から飛び出してきます。

しかし、良質でしっかり稼ぎ出すことができる案件や情報があることもまた事実です。

実際にわたしはアフィリエイトを始めとして、最近ではFXの自動売買ツールなどを利用しながら副業で毎月しっかり収入を得ています。

↓↓↓資産増の実績↓↓↓

どうやって?

大事なことは一つだけです。本物の情報を持っている人と繋がる事。

本当にいい情報はなかなか出回りません。実際に私自身も苦労して手に入れた情報ばかりです。

もう振って湧いたような悪質な詐欺案件に騙されるのはやめにしませんか?

稼いでいきたいのであればわたしとお友達になりましょう。頻繁に情報を流せるわけではありませんが実際によかったものや仲間内で評価の高いものを共有させていただきます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事